FC2ブログ

記事一覧

BMW R100RS カフェレーサーカスタム その2 作業開始

ゴールデンウイークも休まず作業しています!

逆に休んでもやることがありません(笑

R100も作業が着々と進んでます。
まずはシートフレームの製作です。
今回はR100のカフェレーサーカスタムとしては人気のスタイルのサドルシート仕様でいきます。

フレームはメインフレームを延長するだけです。
ただ、メインフレームが楕円形なので、繋げるパイプも万力で楕円にして繋げます。

ZR100RScafe8.jpg

まずは仮溶接。

ZR100RScafe9.jpg

穴を開けてシートを乗せてみます。

ZR100RScafe10.jpg

ナットは下側に開けた穴からソケットでアクセスできるようにしています。

ZR100RScafe11.jpg

全体的にバランスよく配置できたので本溶接。

ZR100RScafe12.jpg

つづいてはナンバーステーの製作です。
おなじみのスイングアームマウントスタイルでいきます。

まずはボルト止めする部分から。

ZR100RScafe13.jpg

ベンダーでパイプを曲げて溶接していきます。

ZR100RScafe14.jpg

2本のパイプに丸棒を溶接して強度を確保。
これがあるのとないのとでは強度が変わってきます。(作りながら気づいたw)

ZR100RScafe19.jpg

ナンバーと同サイズのプレートを最後に溶接。
これも厚めの鉄板を使用して補強代わりにもなります。

ZR100RScafe15.jpg

そして全体図

ZR100RScafe16.jpg

いい感じに仕上がりました(^^)v

お次はフロント回りの作業です。
まずはフロントフォークのオーバーホールからです。

ZR100RScafe17.jpg

簡単な造りなのでサラッと済ませます。

お次はセパハンの変更。
R100はフォーク径が38.5mmと中途半端な太さなので、38mmのものを用意して
内径を広げる加工を施して取り付け。

ZR100RScafe18.jpg

続いてメーターステーも作ってトップブリッジにマウント。

ZR100RScafe20.jpg

キーシリンダーはノーマルを使用します。
こちらもステーを作りました。

ZR100RScafe21.jpg

ZR100RScafe22.jpg

メーターはマグネットセンサー式なので、いつもの様にセンサーをフォーク下にステーを作ってマウントしました。

ZR100RScafe23.jpg

お次はハンドルスイッチ周りを。
現行モデルは違うと思いますが、この当時のBMWはハンドルパイプが22mmちょうどです。
国産は7/8インチ(22.2mm)なので、こちらも加工しないといけません。。。

ハンドルパイプを削って細くします。

ZR100RScafe24.jpg

セットアーーーップ!!

ZR100RScafe25.jpg

フォークが38.5mmだったりパイプが22mmだったり外国車特有のサイズですな。
ボルトの頭も11mm、15mmなど、国産ではないサイズもあったりしますね。

話がそれました。(笑

今回マフラーの取り回しの都合上、センタースタンドは取り外すことになりました。
が、ボルトを取り外すためにはオイルパンを取り外さないといけません。

ZR100RScafe26.jpg

もちろんガスケットも新品に交換しました。
ついでにオイルフィルターも交換。

ZR100RScafe27.jpg

整備自体は状態のいい車両なのであとはチェック位で済みそうです。

本日はここまで。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント