FC2ブログ

記事一覧

VRX400 エンジン載せ替え その2 載せ替え完了

さて続きです。

VRXのエンジンを下ろします。
スイングアームとエンジンが1本のシャフトでマウントしているため、シャフトを抜きます。
マニュアルでは、シャフトを抜くだけでエンジンが降ろせるみたいですが、手こずりそうなので
リア周りをすべて取り外しました(笑

慣れない作業で手こずって作業時間が延びる可能性が高いためです。
加えて小柄な体形でパワーが無いのと、そもそもパワーを使いたくないのも理由ですw

vrx13.jpg

サラッとエンジンを下ろしました。

vrx14.jpg

続いてスティード600のエンジンを積みます。

vrx15.jpg

vrx16.jpg

エンジンが搭載できたのでキャブレターを取り付けようと思ってみると。

vrx17.jpg

マニホールドのリップの部分が避けてしまってます。
そのまま組んで調子が悪くなると交換に二度手間になるのと、そもそもそこが原因かどうか判明するまでに
時間がかかる恐れもあるので迷わず交換します。

今回の作業はここまで、また部品が届けば作業再開です。

構造変更の方も着々と進んでます。
ただ、資料が足りなかったりとの指摘で、また書類を用意して陸運局に手向いてもう一度申請しに行ってきます。


あと、今回のお取引に限らないですが、追加で費用が掛かることもあります。
作業内容が多くなったり、複雑になればなるほど費用が上がる可能性があります。

当店に限らず修理やカスタムをショップに相談される際はお金に余裕をもった方がよろしいかと思います。
工賃も特にカスタムは時間工賃でご請求するパターンが多いため、実際のお見積もりより上がる可能性も高いです。

整備士とはいえ、やったことのない車両を手を付けるのにどれくらい時間がかかるか分かりませんからね。

当店では部品の追加注文や工賃が追加でかかる際は予めお知らせするよう心がけております。


それでは来週、部品が届くので車両の方はこのまま仕上がりまで行きたいと思います。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント