FC2ブログ

記事一覧

BMW R100RS カフェレーサーカスタム Ver.2 その4 ハンドルまわり組み立て等

今回は、整備ではなくカスタムの方を進めていきます。

使用する部品は前回のカフェと同じになります。
取り付け方など同じなのでサクサクと作業を進めていきます。

まずはヘッドライトステーをセットして、

zr100rsver255.jpg

セパハンをセットして、デジタルメーターを取り付け。
メーターはエースウイル製です。
インジケーターが内蔵されているのでとても便利です。

zr100rsver256.jpg

純正キーシリンダーに合わせて作ったステーを製作して取り付け。

zr100rsver257.jpg

メーターの配線も純正の配線図を参考しながら繋いでいきます。

zr100rsver258.jpg

zr100rsver259.jpg

保護チューブで配線をすっきりまとめます。

zr100rsver260.jpg

7インチのLEDヘッドライトを装着。

zr100rsver263.jpg

お次はハンドルバーの加工です。
使用するハンドルは国産と同じ22.2mmですが、BMWは22mmなので、そのままではスイッチボックスなど取り付けできません。
0.2mm細く加工する必要があります。

今回は秘密兵器を使用して加工します。

zr100rsver261.jpg

グラインダーに取り付けるベルトサンダー式のアタッチメントですが、こちらを使用します。

普通のペーパーサンダーなどで作業するよりも綺麗に仕上げることができます。
あとはパイプの溶接痕などもこちらを使用すれば綺麗にならすことができます。

zr100rsver262.jpg

ハンドルまわりはある程度終わったのでお次はナンバーステーの製作です。
今回ボルトでマウントする部分のステーは5mm厚のステンレス製のアングルを使用しました。
一般的なスチールのアングルに比べてとても高価ですが、強度は抜群なので今回採用。

zr100rsver264.jpg

そのアングルを止めるボルトは純正だとステーの厚み分、ネジの噛みこみが甘くなってしまうので、
同じサイズで長いタイプのものを探してきて、長さ調整を行って装着。
このボルトもなかなか見つからなくて見つけるのに苦労しました・・・。

リアサスペンション側のステーも製作してセットアップ。

zr100rsver265.jpg

パイプを曲げて溶接していきます。

zr100rsver266.jpg

ナンバープレートを取り付けるためのプレートも溶接。
こちらも厚めのプレートを使用しているので補強の代わりにもなります。

zr100rsver268.jpg

テールランプブラケットもプレートに溶接。

zr100rsver271.jpg

先ほどのボルトの純正は解放タイプなので、今回使用するボルトも穴あけ加工を施します。

zr100rsver269.jpg

その穴にねじ山を切ってニップルを装着。
それにホースをつないで、下に落とす様に仕上げていきます。

zr100rsver270.jpg

スイングアームマウント式ナンバーステーはこれで完成。
お次はマフラー製作を行っていきます!!!


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント