FC2ブログ

記事一覧

ヤマハ FZ400カフェレーサーカスタム その2 作業開始

いよいよ作業が始まりました!
どのバイクも大体そうなんですが、シート周りの加工がメインになり、時間のかかる作業です。
こちらの車両もシート周りから手を付けていきたいと思います。

シートはワンオフで製作します。
形状もノーマルからだいぶ変わり、フレームから作り直すことになります。
そのフレームのラインをどのようにするのかはシートの形状を決めておく必要があるので、
即席でスタイロフォーム材をカットしてシートの模型を作っておきました。
黒でペイントしている部分が新たに作るフレームのラインです。

fz40040.jpg

ラインが決まれば早速フレームをカットします。

fz4006.jpg

ベンダーを使ってパイプを曲げます。

fz4007.jpg

位置決めを行って仮溶接していきます。
左右対称になるように水平器などを使って何度も確認します。

fz4009.jpg

ある程度溶接して固定したら不要部分をカットします。

fz40010.jpg

また曲げたパイプを延長して角度を変えていきますが、芯を入れて溶接部の強度を出しておきます。

fz40011.jpg

延長~。

fz40012.jpg

本溶接。

fz40013.jpg

模型シートを乗せたイメージ。

fz40014.jpg

外した時のイメージ。

fz40015.jpg

延長した部分の溶接部を特殊なベルトサンダーを使用してきれいにならします。

fz40016.jpg

すっきりしました(^^)

fz40017.jpg

フレームが終わったらプレートを作っていきます。

fz40019.jpg

ガムテープで固定して~

fz40020.jpg

マウントをバイスで固定してフレームに仮溶接します。

fz40021.jpg

本溶接。

fz40022.jpg

下側にも同様にマウントを溶接。

fz40023.jpg

ボルト止め!
ボルトは最終的に目立たない飾りネジを使用する予定です。

fz40024.jpg

こちらのプレートにバッテリーを乗せるため、バッテリーケースを作っていきます。
載せた時はこんな感じ。

fz40025.jpg

鉄板を曲げて土台とステーを作ります。

fz40026.jpg

角が弱いので三角形のプレートを溶接。

fz40027.jpg

ボルト止めは1点のみでケース後ろでボルト止めします。
ケース前方はフレームにそのまま置くスタイルになります。

フレームの塗装に傷がつかないようにモールを取り付けて対処。

fz40028.jpg

純正のゴムバンドをひっかける部分も設置。

fz40029.jpg

装着!!!

fz40030.jpg

fz40031.jpg

バッテリー加工はこれで完了。
お次はスターターリレーを設置するステーを製作。

fz40032.jpg

装着!!!

fz40033.jpg

配線加工などは最後に行います。
お次はエンドのプレートの製作。

fz40034.jpg

ベンダーを使って板を曲げ曲げ。

fz40035.jpg

ガムテープで固定。

fz40036.jpg

同じくマウントをフレームに溶接してボルト止めできるようにします。

fz40037.jpg

イグナイターもここに設置しました。
一番後端はテールランプに合わせて加工することになるので部品が来るまでしばし待機。

fz40038.jpg

fz40039.jpg

テールランプは海外製のものを輸入してくる事になり、到着までしばらく時間がかかるので
このままにしておきます。

電装部品の移設も大体終わっているので、お次はシートの製作に取り掛かっていきます!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント