FC2ブログ

記事一覧

ヤマハ XJR400 スクランブラーカスタム その2 リアフレーム加工

さて、先週入荷したXJR400Rをスクランブラーカスタムにします(^^)

早速作業を始めていきましょう!

Tm xjr4002

今回の車両は一般のショップより仕入れたものである程度整備はしているとのこと。
作業を行った所すべてを聞いているわけではないので確認しながら必要な整備箇所を
見ながら作業を進めていきます。

見た感じではプラグ交換はしてるようです。
キャブレターもオーバーホール済みとのことですが、確認のため後日分解点検します。

今日はシートレールの加工から始めます。
早速不要な部品を取り外します。

Tm xjr4003

予算の都合上、シートは市販の汎用品を使用します。
そのシートに合わせてフレームを加工していきます。

インナーフェンダーや電子部品を取り外していきます。

Tm xjr4004

カットするにあたってリアショックも邪魔なので取り外し。
社外サスですがオイル漏れ確認。
後日交換するとします。

Tm xjr4005

カットする準備ができました。

Tm xjr4006

カットする前にシートをあてがってどこでカットするか確認するため、とりあえず補強部分をカットします。

Tm xjr4007

シートのフロントステーですが、付属のステーではうまくフィッティングできなかった為
ワンオフでステーを製作。

Tm xjr4008

取り付けてみると、タンクとシートの間に少し隙間が空いてしまいました。

Tm xjr4009

フレームのマウント側も少しカット加工しました。

Tm xjr40010

もう一度フィッティング。
いい感じで収まりました(^^)

Tm xjr40011

とりあえずこれでリアのフレーム部分をカットします。

Tm xjr40012

今回のシートはフロントからリアまでストレート形状ですが、少し後ろに跳ね上がった感じにしたいので、
シートに加工を施します。
シートをそのまま後ろ上がりにすると、シートとフレームに隙間ができてしまいます。
(フレームは後ろに平行に伸びているため)

完全に隙間をなくすのは構造上できないですが、シートのフロント部分は隙間ができないようにします。
シートの真ん中あたりに穴を開けてナッターを圧入。

Tm xjr40013

ボルトで固定できるようにフレームにマウントステーを製作して溶接。

Tm xjr40014

フロントはタンク下にステーを潜り込ませるようにして、センターをボルトで止めてシートを固定します。
リアは少し跳ね上がった感じにしたいので、本を挟んでイメージします。

Tm xjr40015

センターにボルトで固定することで跳ね上がった感じにできます。

シートのリア部分はシートベースにもともとボルトが取り付けられているので
こちらを利用して固定します。
その部分にステーを製作して仮溶接。
後からやり直すことになっても仮溶接だと取り外しが容易なので、本溶接は後日行うことにします。

Tm xjr40016

シートをナットで固定。

Tm xjr40017

シートの取り付け完了(^^)

Tm xjr40018

後はメーターやヘッドライトなどの部品も取り外したところで本日終了。

Tm xjr40019

次回はリアフェンダー製作、取り付け加工を行っていく予定です!!!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント