FC2ブログ

記事一覧

GB400TT ダートトラックレーサーカスタム その2 整備開始

さてさて。イメージはだいぶ出来上がったので早速手を付けていきます!!!

とりあえず不要な外装を剥がしていきます!!

gb4006.jpg

ライト廻りも変えてしまうのでフロント部も全部外してしまいます。

続いてキャブレターを取り外してオーバーホールします。

gb4007.jpg

詰まったりしていなくて、中もあまり汚れてはいませんでしたが、
エンジンコンディショナーで穴の中を中心にきれいにしておきます。

gb4009.jpg

外観もくすんでいたので、真鍮ブラシやスチールウールを使って綺麗にしました。

gb4008.jpg

gb4010.jpg

綺麗になりました(´∀`)
パッキン類などがまだ届いていないので、とりあえずこのままにしておきます。

gb4011.jpg

お次はエアクリーナーボックスを取り外します。
ただ、すんなりとは外れてはくれなくて、エアクリーナーボックス下にあるオイルタンクを取り外さないといけなさそうです。

タンクを取り外すにはリアホイールやスイングアームも外さないと外れそうもありません。。。

gb4012.jpg

外れました(´ω`)

gb4013.jpg

もう一度リア周りを組み付けて中心部をすっきりさせました。

gb4014.jpg

続いてはフロントキャリパーのオーバーホールを

gb4015.jpg

固着してたりはなかったんですが、いかんせん古いバイクなのでオーバーホールします。
大事な部品ですからね。
止まらん。じゃシャレになりませんので(笑

gb4016.jpg

こちらも綺麗にして部品を待つのみです。


次はタンクの交換を。

gb4017.jpg

このタンクはホンダのTL125バイアルスのタンクです。
超スマートでダートトラックに似合いそうです♪
このタンクの仕様はお客様のオーダーです。

見た目はよくありませんが中はあまりサビてはおらず汚いのは外観だけ。
まぁ、塗装するので関係ないんですけど。
タンクの中も錆を落としてタンクライナーでコーティングする予定です。

gb4018.jpg

gb4019.jpg

スマートなだけにフレームに収まりませんw

とりあえず純正のタンクをひっかける突起を切り飛ばします。

gb4020.jpg

タンクのほうもフレームマウントに引っ掛ける部分も切り飛ばして何とかすっぽりと収まりました。

gb4022.jpg

ただ、フロントのマウントが無くなったので、こちらも加工してどうにかしましょう。
考えたら何とかなるもんです。

gb4023.jpg

リアもタンクとフレームの位置関係がしっくりこないので加工していく予定です。

あとは、とりあえずエンジンを下ろします。

gb4025.jpg

エンジンは塗装をするんですが、塗装は最後の段階なのでしばらくそのままにしておきます。

エンジンハンガーのプレートやボルトもきれいに錆を落とします。
出来ればすべてのボルトも新品すれば早いのですが、予算の都合上難しい場合はそのまま使用します。
錆が酷いものは交換したりしますが、磨けば綺麗になるものは1本1本丁寧に汚れを落としていきます(^^)

こういう所もすべて汚いボルトと、綺麗に磨いたボルトとは遠目で見てもクォリティーに差が出てきます。
なのできっちり磨きの作業も行っていきます!


今週はここまでです。
ある程度部品も頼んでいるので、バンバン作業を進めていきます!!










スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント